SBC8080 CPUルーズキット

スイッチサイエンスさんのマーケットプレイスでSBC8080 CPUルーズキット(550円+税)を取り扱ってもらえるよう申請中です。申請が通ったらこの投稿を一部修正してサポートページとします。通らなかったらダメな製品の見本として引き続きご覧いただきます。

sbc80cpu_top

SBC8080はインテル8080の搭載CPUボードとメモリ/端末インタフェース搭載のSUBボードから成るシンプルボードコンピュータです。本製品は、そのうちCPUボードのプリント基板となります。プリント基板に乗せる部品はご自身で揃え、ハンダ付けしていただきます。完成後の外観を下に示します。

SBC8080

CPUボードと別売りのSUBボードを40ピンコネクタ付きフラットケーブルでつなぐとインテル8080が動く最小部品のコンピュータSBC8080が完成します。さらに別売りのシステムROMを取り付ければタイニーBASICと1パスアセンブラ/逆アセンブラが使えます。

sbc8080_set

プリント基板のほかに必要な部品、入手方法、組み立てかたなどは技術資料で説明しています。当面必要なソフトウェアはデータパックに含まれます。技術資料とデータパックは下に示すリンクからダウンロードしてください。
技術資料とデータパックは商品ページ開設後に確定しますので、それまでの間、参考程度のご利用にとどめるか、ご自身で検証してご利用ください。スイッチサイエンス様へ。赤字は商品ページ開設後に削除します。

SBC8080技術資料(SBC8080 SUBルーズキット/システムROMと共通)
SBC8080データパック(SBC8080 SUBルーズキット/システムROMと共通)

SBC8080関連製品は歴史マニアやビンテージICコレクタの皆さんにネットで自慢できるようなコンピュータを完成させてもらうことが目的です。一般のかただと、頑張れば乗り越えられる程度の難関があります。あらかじめ技術資料をお読みの上、うまく作れそうな場合にご利用いただければ幸いです。

広告
カテゴリー: 8080 | 1件のコメント

SBC8080 SUBルーズキット

スイッチサイエンスさんのマーケットプレイスでSBC8080 SUBルーズキット(550円+税)を取り扱ってもらえるよう申請中です。申請が通ったらこの投稿を一部修正してサポートページとします。通らなかったらダメな製品の見本として引き続きご覧いただきます。
sbc80sub_pcb_top

SBC8080はインテル8080搭載のCPUボードとメモリ/端末インタフェース搭載のSUBボードから成るシンプルボードコンピュータです。本製品は、そのうちSUBボードのプリント基板となります。プリント基板に乗せる部品はご自身で揃え、ハンダ付けしていただきます。完成後の外観を下に示します。

SBC80SUB

SUBボードを別売りのCPUボードと40ピンコネクタ付きフラットケーブルでつなぐとインテル8080が動く最小部品のコンピュータSBC8080が完成します。さらに別売りのシステムROMを取り付ければタイニーBASICと1パスアセンブラ/逆アセンブラが使えます。

sbc8080_set

プリント基板のほかに必要な部品、入手方法、組み立てかたなどは技術資料で説明しています。当面必要なソフトウェアはデータパックに含まれます。技術資料とデータパックは下に示すリンクからダウンロードしてください。
技術資料とデータパックは商品ページ開設後に確定しますので、それまでの間、参考程度のご利用にとどめるか、ご自身で検証してご利用ください。スイッチサイエンス様へ。赤字は商品ページ開設後に削除します。

SBC8080技術資料(SBC8080 CPUルーズキット/システムROMと共通)
SBC8080データパック(SBC8080 CPUルーズキット/システムROMと共通)

SBC8080関連製品は歴史マニアやビンテージICコレクタの皆さんにネットで自慢できるようなコンピュータを完成させてもらうことが目的です。一般のかただと、頑張れば乗り越えられる程度の難関があります。あらかじめ技術資料をお読みの上、うまく作れそうな場合にご利用いただければ幸いです。

カテゴリー: 8080 | コメントをどうぞ

SBC8080システムROM

スイッチサイエンスさんのマーケットプレイスでSBC8080システムROM(750円+税)を取り扱ってもらえるよう申請中です。申請が通ったらこの投稿を一部修正してサポートページとします。通らなかったらダメな製品の見本として引き続きご覧いただきます。
system_rom

SBC8080システムROMは機械語モード付きタイニーBASICを書き込んだEPROMです。SBC8080に取り付けることで下に示すとおりタイニーBASICと1パスアセンブラ/逆アセンブラが使えます。EPROMをご自身で書き込みできるかたは必要がありません。紫外線消去型EPROMのイレーサや書き込み装置をお持ちでない場合にご利用ください。

sbc8080_hello

使用するEPROM は新品の27C256型で、書き込み後、動作確認をした上で遮光シールにピンクの印を付けて出荷します。EPROMのメーカーや品番は出荷時期により異なります。書き込みや動作確認の工程で目立たない程度の傷がつく場合があります。

SBC8080の技術資料に操作例、データパックにソースを含むファイル一式とサンプルプログラムがあります。データパックのPTBEXCPM.COMをCP/Mエミュレータで動かすと、SBC8080を組み立てる前にパソコンで機械語モード付きタイニーBASICの機能を試すことができます(内部サブルーチンの呼び出しアドレスは異なります)。
技術資料とデータパックは商品ページ開設後に確定しますので、それまでの間、参考程度のご利用にとどめるか、ご自身で検証してご利用ください。スイッチサイエンス様へ。赤字は商品ページ開設後に削除します。

SBC8080技術資料(8080 CPUルーズキット/SUBルーズキットと共通)
SBC8080データパック(8080 CPUルーズキット/SUBルーズキットと共通)

カテゴリー: 8080 | コメントをどうぞ

SBC6303BLルーズキット

スイッチサイエンスさんのマーケットプレイスでSBC6303BLルーズキット(550円+税)を取り扱ってもらえるよう申請中です。申請が通ったらこの投稿を一部修正してサポートページとします。通らなかったら以降はダメな製品の見本として引き続きご覧いただきます。

sbc6303bl_pcb

SBC6303BL(ブートローダ)はすでに販売中のシングルボードコンピュータSBC6303をマイクロSDの機械語ファイルで起動するとともに増設RAMの役割も果たす拡張ボードです。本製品はSBC6303BLのプリント基板です。プリント基板に乗せる部品はご自身で揃え、ハンダ付けしていただきます。完成後の外観を下に示します。

sbc6303bl_ss.png

プリント基板のほかに必要な部品、入手方法、組み立てかたなどは技術資料で説明しています。当面必要なソフトウェアはデータパックに含まれます。技術資料とデータパックは下に示すリンクからダウンロードしてください。
技術資料とデータパックは商品ページ開設後に確定しますので、それまでの間、参考程度のご利用にとどめるか、ご自身で検証してご利用ください。スイッチサイエンス様へ。赤字は商品ページ開設後に削除します。

SBC6303BL技術資料
SBC6303BLデータパック

SBC6303BLおよび関連製品は歴史マニアやビンテージICコレクタの皆さんにネットで自慢できるようなコンピュータを完成させてもらうことが目的です。一般のかただと、頑張れば乗り越えられる程度の難関があります。あらかじめ技術資料をお読みの上、うまく作れそうな場合にご利用いただければ幸いです。

カテゴリー: 6800 | 2件のコメント

SBC6303BL(ブートローダ)が完成

SBC6303の拡張ボードSBC6303BLが紆余曲折を経て動作確認に成功した。SBC6303BLはマイクロSDカードに保存した機械語ファイルでSBC6303を起動する。だからEPROMがいらないしRAMが増設されるし、加えてパワーオンリセットが正しく働く。SBC6303はこのところすっかりパワーオンリセットをいじって遊ぶコンピュータになり下がっていたが、これでようやく普通に使ってもらえる。

sbc6303bl_join2

SBC6303BLはあらかたtomi9さんの設計だが、了解をいただけたのでスイッチサイエンスさんのマーケットプレイスで販売してもらうことにした。只今、審査用の資料を作成中。取り急ぎ技術資料を書いてデータパックを作った。いずれも暫定版だから間違いが混じっているかもしれない。ご指摘をいただいて完成度を高めたい。

SBC6303BL技術資料
SBC6303データパック

今回はいつもにも増して多くの人に協力してもらったから関係者を紹介しておきます。設計に尽力してくれたtomi9さん、技術資料の写真撮影をしてくれた山崎康史さん、同じく組版を手伝ってくれた渡辺シゲルさん、どうもありがとうございました。

カテゴリー: 6800, 書き込み装置 | コメントをどうぞ

SBC6303ブートローダに再挑戦

SBC6303ブートローダはボクが開発を断念したあとtomi9さんが引き継いでくれて、とうとうLILbugの起動を成功させた。凄い。完成した製作物と修正の要点が「SBC6303ブートローダその3」ほか一連の投稿で解説されている。現状、(たぶんボクのカオを立てて)ボクの動かないプリント基板を切った貼ったの大改造で動かしているため必ずしも最適化されていない。tomi9さんのアドバイスにしたがい、プリント基板を作り直すことにした。

sbc6303bl4brd
別窓でPDFの回路図を開く

この新しいプリント基板は2、3日、熟成してから製造する予定。いつもだったらさっさと製造に回して現物が届く前に数か所の誤りを発見したりする。今回、そういうドジはナシにしたい。うまくいったら改めて報告します。

カテゴリー: 6800 | 2件のコメント

SBC6303のパワーオンリセット対策

SBC6303は単独で動かすと高い確率でパワーオンリセットがうまく機能しない。この問題は試作の段階から認識していたが、技術的な美観を損ないたくないから回路はあくまで普通に設計し、部品の選択で対処してもらうことにした。いちばん簡単な方法は74HC573(部品表のIC1)を74AS573に挿し替えるだけ。意外にも74AS573を取り扱っている部品店が少ないという現実に直面して面食らったが、お馴染みの若松通商に在庫があった。

sbc603_ic1

改めてパワーオンリセットしない状況を説明しておく。SBC6303のICが全部CMOSだと負荷が軽すぎてシリアルの無通信信号(マーク)が電源の代わりをしてしまう。その結果、電源がオフでもHD63A03RPのRESが実測1.76Vに上がる。HD63A03RPは1.76VをLと認識しないので、電源をオンにしたときリセット動作をしない(たぶん起動すらしない)。試作の段階でシリアルに抵抗をかませ、一応の対策としたが、決定的な解決策にはなっていない。

sbc6303_proto10

IC1を74AS573に挿し替えると、いい塩梅に負荷が増大し、電源がオフのときHD63A03RPのRESが実測1.3Vになる。普通のピンは1.3VでもLと認識しないが、RESは内部にシュミットトリガがあり、試行錯誤で調べたところ立ち上がり電圧1.6V以下をうまくLにしてくれるようだ。実際、5個の74AS573と3台の試作機で延べ15通りのテストをした結果、全部の組み合わせで正常にパワーオンリセットした。

sbc6303_his

参考までにほかの人がどうやっているかを紹介しておく。多くの製作物はHD63A03RPの周辺にいろいろな部品がつながっているため取り立てて対策をとっていない。SBC6303も拡張コネクタにDRAMボード(DRAMが、一応、動いた参照)を接続した場合は対策なしでパワーオンリセットする。対策をとった例として興味深いのはDAIさんのブログで紹介されていた下の回路。

sbc6303_trick

HD63A03RPのRESはシュミットトリガ付きだから外部にもうひとつシュミットトリガ(図中表記HC14)を付けるのはカッコ悪いが、これがRESを確実にLにする。もしかしたらHC14によってリセット用の時定数が上下逆になることのほうが効果をあげているのかもしれない。とはいえ、これで問題が解決したとして、ほとんどの人はこれがないとき問題が起きるとは気付かないから、余計な部品を追加したひどい回路だと思うだろうね。

カテゴリー: 6800 | 7件のコメント