一歩一歩

2716ライタの安全装置が働いてしまう原因のひとつが判明。書き込み用の高電圧を加えると負荷が急増して瞬間的にデューティ比が跳ね上がり、安全装置が働く。しかし、以降は79%前後で安定する。だから、ある瞬間を乗り切れば何とかなりそう。対策としてはまず瞬間的なデューティ比の急増に回路がどこまで耐えられるものか調べ、安全装置の利きを甘くする。だとしても79%前後が連続してはストレスが強すぎるので、コイルをもっと大きなものに取り替える。あとは、コイルを買いにまた秋葉原へ行ってから。

広告
カテゴリー: 2716, 書き込み装置 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中