改めてタイニーBASICの文法

豊四季タイニーBASICはパロアルトタイニーBASICとほぼ互換ということで文法の説明を省略している。これで厄介ごとから逃れたつもりでいたが、調べてみるとパロアルトタイニーBASICの文法を日本語で説明している例がインターネットにほとんど見当たらない。もしかしたら困っている人がいるかもしれないので、ぼくが知る限りいちばん丁寧なOffice TETSUの古典電脳物語のページを紹介しておく。ここにはパロアルトタイニーBASIC取扱説明書があり、AKI-80などの現役のコンピュータで動かす方法が説明されている。

なお、豊四季タイニーBASICは次の点でパロアルトタイニーBASICと異なっている。第1に、記述の省略形がない。第2に、強制的な中断に使うキーは、パロアルトタイニーBASICが[Ctrl]+[C]であるのに対し、豊四季タイニーBASICは[ESC]としている。また、数値の表示、大文字と小文字の区別、エラーの対処など細部の機能が違う。細部の違いは、ぼくとしては改善したつもりでいる。

広告
カテゴリー: TinyBASIC パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中