温湿度計シールド用ライブラリ

温湿度計用ライブラリを公開する。湿度-抵抗値の関係はHS15Pのデータシートのグラフから読み取り、抵抗値-パルス幅の関係はLMC555のデータシートに記載されている数式で計算した。実際には湿度20%、40%、50%、60%、80%のパルス幅を計算し、中間の湿度はパルス幅が直線的に変化するものと仮定している。温度の影響はやはりデータシートのグラフをもとに1℃あたり0.7%と判断した。ライブラリのソースを読んでも処理の意味がわかりにくいと思う。使いかたはスケッチの例でわかる。

温湿度計用ライブラリ-Weather.zip

今日ぼくの勤務先は晴天に恵まれており、気象庁の最寄のアメダスの湿度とほぼ一致している。昨日は雨天で、アメダスが湿度95%などという値を出しており、この場合は65%までしかあがらない。回路の調整やソフトウェアの較正が必要だと思うが、困ったことに実用性に関心がわかない。GPLだから、どなたかがやってくれることを期待している。

広告
カテゴリー: Arduino パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中