転んでもただでは起きない

プリント基板を作って思いがけないミスをした。ランドの径が表面だけ大きくて裏面が小さい。表面と裏面が同じでないことがあるなんて、世間じゃ常識なのかもしれないが、ボクははじめて知った。ということは、表面が小さくて裏面だけ大きいのも作れるのか。ピン間をすり抜けるパタンを表面に引けば、裏面はハンダ付けに十分なランドの径を確保できるのか。失敗からひとつ学んだな。

Uncompatino_PCB_tUncompatino_PCB_b

広告
カテゴリー: 世間話 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中