Linuxを思い出せ!

LPC1114FN28 Prototyping Platform(WindowsのFlashMagicで書き込めたやつ)をRaspberry PiのUSBポートにつなぎlpc21ispで/dev/ttyUSB0からファームウェアを書き込もうとしたらうまくいかない。何かの大間違いがあってまったく動作していないのなら書き込み済みのファームウェアでLEDが点滅するはずだから、中途半端に動いているらしい。見たところリセットが掛かりっぱなしで解除されない感じ。-controlオプションを付けても付けなくても手動リセットでもダメ。

lpc1114_bad

リセットしないのではなくて解除されないのだから抵抗だけで済ませたいい加減な自動リセット回路のせいではなさそう。lpc21ispのビルドの仕方か/dev/ttyUSB0の使いかたを間違えているのだと思う。何しろLinuxなんて玄箱以来だから。ああまた宿題を増やしちゃったよ。

昨日まで趣味でやっていたことが今日から仕事になった(いしかわさんに言い当てられちゃってるし)。ぶっちらかした数々のトラブルをこれからひとつひとつ片付けていかなければならない。

広告
カテゴリー: RaspBerryPi パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中