BCM2835の説明書に頭を痛める

Raspberry PiのPWMを制御するため、BCM2835のレジスタを直接操作する方法に挑戦中。当面、唯一の頼りがこの説明書。人のことを言えた義理ではないが、誤植が凄い。よく似た説明をコピペで作ろうとして、コピペしたあと修正せずに放り投げた感じ。たぶん校正やっていない。相当いい加減なボクだって2、3回は読み返してるぞ。

内部の配線はちゃんと確認してんだろうな、と一抹の不安が脳裏をよぎる。調べてみたら、案の定I2Cにエラタがあるらしい。詳しくはこちら。クロックストレッチングを無視するということだから、遅いデバイスはつなげない。速いデバイスも、念のため低速で通信するほうが無難。

というわけで、PWMの制御はレジスタの位置を間違えたりビットの役割を取り違えたりしてなかなか思うようにいかない。これをモノにしたあかつきには素晴らしい達成感を味わえると思う。

広告
カテゴリー: RaspBerryPi パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中