お宝発見

トランジスタが相次いで製造終了となり、いまや売っているトランジスタに合わせて回路を設計するか、赤外線LEDドライブ回路の決定版のようにFETを使うしかない。せめて10年前の自由がほしいと考えていてふと思い出した。ぼくは高校生の頃(はるか昔の話)オーディオに凝って大量のトランジスタを溜め込んだ。すっかり忘れていたけれど半導体を捨てる習慣はないからまだどこかにあるはずだ。連休を費やして家中を捜索、トイレの収納スペースの奥で発見。こんなところにあるのは母が勝手に片付けたに違いない。それをぼくにいわないままこの世を去ったのだ。

tr

きったないパーツケース2箱にトランジスタとオーディオ用FETがぎっしり。小信号低雑音用から電力増幅用まで、ダーリントン接続型とかデュアルFET(ICのように見えるやつ)とか、まさに万遍のない品揃え。そしてトランジスタの全部とFETの一部が仕切りの隣同士でコンプリメンタリになっている。なんてマメなやつなんだ(ラベルがタイプライタで打ってあるし)。記憶がだんだん蘇る。世界で最初のパワーMOSFETのパイロットプロダクト、コストがかかりすぎて販売中止された手作業選別品。高校生のぼくがいまのぼくにくれた凄いお宝。しかし凄すぎて使うのがもったいない。今後、マイコンにこれといった進展がないときトランジスタをネタにしよう。

広告
カテゴリー: トランジスタ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中