3.3V対応赤外線LED駆動回路決定版

家電製品のリモコンの信号を解析、再現する方法はもうだいたいわかって次の目標は強烈な信号を発射すること。この点については以前、Raspberry Pi対応赤外線LEDドライブ回路の決定版で一応の完成をみたが(何しろ「決定版」といっちゃったので)、電源電圧5Vが必要なので3.3Vだけのマイコンボードだと使えない。電源電圧3.3V対応の新しい回路を念頭に部品を探していて見つけたのがIRLU3410PBF。比較的新しいパワーMOSFETで、ゲート電圧1V付近で完全にオンになるから、ありきたりなトランジスタの回路のトランジスタと置き換えるだけで動き、新しい回路はいらない。ベース(FETだとゲート)抵抗も省略できる。こんな凄い部品がネットであまり盛り上がっていないのは誰もデータシートのグラフなんかに関心がないせいだろうか。

IRLU3410PBF

只今研究中のLPC810で実験。受信側と送信側をひとつのブレッドボードに組み立てる。

remocon02

回路はこんな感じ。受信側は赤外線受光モジュールをただつないだだけ。送信側はありきたりなトランジスタの回路のトランジスタをIRLU3410PBFと置き換えただけ。ゲート抵抗は省略。FETの場合、ゲート抵抗の実態はゲート容量の影響を避けるダンピング抵抗なので、LPC810のハイカレントドライバがついたピンでスイッチングすれば大丈夫(だと思う)。

ircProto

赤外線リモコンは送信側も受信側も信号線1本でいい。製作ずみの書き込み装置の未使用のピンへ接続。書き込み装置はうまい具合にハイカレントドライバがついたピンが余っている。そして、うまい具合にシリアルでパソコンと接続している。だから、プログラムを書き込んだらすぐ動作確認できる。ただし、電流供給能力に劣る。だとしても、1mくらいは届くと思う。

remocon01

プログラムの書き込みにはFlashMagicを使う。FlashMagicはTOOLs->Terminalでシリアルの端末が開く。だから書き込みから動作確認までジャンパワイヤーの切り替えが不要。下の表示例は比較的複雑なPioneerのリモコンを解析し、再現したところ。動作確認に成功。

remocon_fm

同じことをやってみたいと思う人がいるかどうかわからないが捏造ではないことを証明するためプログラムを公開しておく。下のアーカイブにはLPCXpresso IDEのプロジェクトがふたつ含まれる。ひとつはlpcopen_2_01_lpcxpresso_lpc812max.zipの中のライブラリlpc_chip_8xx_libのバグを修正したもの、もうひとつはLPC810でリモコンの信号を解析、再現するircProto。

ボクが公開するリモコン関係のプログラムはSonyフォーマットに対応しない。それ以外はたぶん何でも大丈夫。Sonyフォーマットはいずれ何とかするつもりだが、ほかにやりたいことがいっぱいあってしばらく手がつけられそうにない。

広告
カテゴリー: トランジスタ, LPC810 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中