8080の配線を完了

8080の配線を完了。表面は電線をもっと格好良く引き回すことができたと思う。修正しようかどうしようか悩んでいるうち体が勝手に裏面の配線を済ませてしまってもはや修正が利かない。並行してメモリとシリアルの設計を進めたところ、シリアルは8080からクロックとリセットの信号をもらわなければならないことに気付く。その配線を裏面に追加。裏面の配線はこの2本だけ取って付けたように逆の角度を向いている。

SBC80CPU_tmp4topSBC80CPU_tmp4bottom

このあとの段取りは、まず12Vと-5Vの電源を動作確認、8224を取り付けてクロックの波形を確認、そのあと8080と周辺チップを取り付ける。ICソケットに全部のICがハマったら見た目の印象がかわると思う。早く見てみたいが今はまだ我慢の期間。動作確認する前に組み立てを完了してしまうと動作確認に失敗するというジンクスがある。

広告
カテゴリー: LPC810 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中