Linux版TinyBASIC導入ガイド

豊四季タイニーBASICのLinux版はインストールと呼ぶほど難しい操作はいらない。手軽に動かせて、つまらないと思ったらすぐ削除できる。

次のコマンドでダウンロード
git clone https://github.com/vintagechips/ttbasic_lin.git

ttbasic_linディレクトリが作成され、実行ファイルとソースが保存される。
次のコマンドでディレクトリに入る。
cd ttbasic_lin

ARM系(Raspberry PiやBeagleBone Blackなど)のLinuxなら実行ファイルを起動
./ttbasic

非ARM系は再コンパイルして起動
cc ttbasic.c basic_lin.c -o ttbasic
./ttbasic

不要になったらファイルとディレクトリを削除
cd ..
rm -rf ttbasic_lin

昨日の段階で動作確認したのは元祖Raspberry Piだけだったが、本日BeagleBone Blackでも動作確認できた。

広告
カテゴリー: BeagleBoneBlack, Linux, RaspBerryPi, TinyBASIC パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中