脈拍計の大いなる誤解

このブログで被参照数の第1位は1970年代のCPUではなくなぜか脈拍計の回路図。で、みんながどんな脈拍計を作っているのだろうと検索してみたら、あらら、不思議な回路がいっぱい。はじめに断っておくが不思議な回路を作ることはアマチュアの特権であり、ちゃんと設計しろなんて説教するつもりはさらさらない。しかし、ちゃんと設計したい人が間違った知識を身に付けたらまずいので、いちおう、正しい理屈を述べておく。

不思議な回路の典型例を下に示す。オペアンプをバイアスなしで動かしていて、入力信号の下半分が失われる(これは反転増幅器だが、便宜上、図中に描いた信号は反転させていない)。確かにオペアンプの教科書を見るとこういう回路が掲載されているが、それは伝統的なオペアンプが正負2電源(たとえば15Vと-15V)で動くから。それをそのまま単一5V電源で動かしたら、まあ動くとは思うが、奇天烈な動き方をすると思う。

beat_bad

単一5V電源で動かす場合の正しい回路を下に示す。オペアンプにバイアスを加え、入力信号の全体を出力する。回路としては抵抗を1本追加しただけ。その抵抗値の決め方が難しいのだが、そこは「脈拍計が完成」でひとつの結論を出している。

beat_good

実はもうひとつ、よく見かける重大な誤りがある。この回路の抵抗とコンデンサはハイパスフィルタを構成しており、直流を含む、低い周波数をカットする。その遮断周波数が、一般的に高すぎる。脈拍は健康な人でも60あたりまで下がるが、これは1分あたりの脈なので、60Hzではなく1Hz。遮断周波数は思い切り低くとらないと、何を増幅しているのだかわからない回路になってしまう。

広告
カテゴリー: 脈拍計 パーマリンク

脈拍計の大いなる誤解 への2件のフィードバック

  1. xxxx より:

    管理人者様
    はじめまして。
    突然のご連絡をコメント欄からさせて頂くこと、大変恐れ入ります。
    当方、ウェブマーケティングを行なっております、xxxxと申します。
    管理人様のこちらのオペアンプ関連のブログを拝見させて頂き、電子部品や工具などを取り扱うクライアントと現在行っているプロジェクトにお力添えを頂けないかと思い、ご連絡をさせて頂きました。

    ご依頼したい内容に関しましては、下記の通りとなっております。
    オペアンプといった特定の電子関連製品・工具に関して(現在預かっております製品リストは後ほどお送りします)

      ・新規記事をご執筆、掲載して頂く 又は
      ・既存記事内に追記して頂く

    つきましては内容に応じて、謝礼金をお支払いさせて頂く次第です。
    上記の内容について、管理人様の方で承っておりますでしょうか?

    お忙しいなか恐縮ではありますが、お返事頂けますと誠に幸いです。
    また貴重なお時間をあて最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
    どうぞよろしくお願い致します。

    xxxx
    xxxx@xxxx.com

    • vintagechips より:

      その種のご依頼はお受けしておりません。それにしても機械的に公開されちゃうコメント欄にこういうことを書くのはまずくないですか。逆にボクがびっくりして、晒された状態のお名前と連絡先を編集で伏せましたが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中