豊四季タイニーBASIC拡張例

豊四季タイニーBASICの3つの版でいちばん人気がないのがPIC24F版。対象が単体のマイコンPIC24FJ64GA002で、配線が嫌いだと動かすことさえままならないのが原因だと思う(開発環境が古すぎるのも一因か)。ではあるが、ちょっとした工作さえやってもらえればいちばん面白いのもこの版だ。ということを知ってもらうためにひとつ実例を紹介しておこうと思う。ハードウェアを下に示す。PIC24FJ64GA002にLEDを3本とスイッチを3個つけただけ。製作物としては初級レベル。

ttb_pic24f_topttb_pic24f_bottom
別窓で回路図(PDF)を開く

製作物に合わせて豊四季タイニーBASICの機能を拡張。LED文、SW関数、SAVE/LOAD命令を追加(というか削除して公開したのを元に戻した)。SAVE命令はBOOTオプションがあって、SAVE BOOTとやるとプログラムをフラッシュメモリに保存し、そのプログラムは電源を入れたとき自動的に実行される。リファレンスはMPLAB IDEとC30のプロジェクトだがこの開発環境はもう現役ではないのでMPLAB X IEDとXC16に作り直した。

豊四季タイニーBASIC拡張PIC24F版(MPLAB X IDE+XC16プロジェクト)

https://onedrive.live.com/redir?resid=5431ED46B850CC2D%211201

製作物のピンヘッダにPICKit2またはPICKit3を接続して配布ファイルの中のttbasic.X.production.hexを書き込む。書き込みが終了するとこのピンヘッダは電源と端末の接続端子に割り当てられる。ピン配置は回路図を参照。PICKit2は下に示すとおりUART Toolで端末として働くので書き込みから操作まで挿しっぱなしでいい。あとから発売されたPICKit3にこの便利な機能がないのはとても困る。

ttb_pic24f_uart

BASICのプログラムをふたつGitHubにアップしておいた。 VWRITER.BAS はバーサライタ。どれかのスイッチを押すとスタートし、向かって右へ振ることで、0~9の数字を空中に表示する。実物を肉眼で見るとよくわからないが、下の写真を遠目に見れば何となく012345が転んだ形に見えると思う。製作物を振らなければならないから端末とつながっていたら無理。プログラムをSAVE BOOTで保存しておくと、端末なしで、ただ電池をつなげば動く。

ttb_pic24f_vwriter

もうひとつのWHKAMOLE.BASはもぐらたたき。どれかのLEDが短く光り、その間に対応するスイッチを押す。下の写真は見事にもぐらをたたいたところ。このあと全部のLEDが3回点滅(万歳三唱)して繰り返す。これも端末を使わないのでプログラムがSAVE BOOTで保存してあり、単三乾電池2本入りの電池ボックスをつなぐだけで動かしている。

ttb_pic24f_whkamole

重要なのはこれらの働きがファームウェアではなくBASICのプログラムで実現されていること。ファームウェアだとPIC24FJ64GA002の構造やこの製作物の回路を理解しなければならないが、BASICのプログラムはそういうことは一切かかわりがない。いいアイデアをもっていて、ハードウェアがからっきしダメという人が、思う存分、ウデを振るえる。

広告
カテゴリー: TinyBASIC パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中