「利用不可」って何だ

Windows7のパソコンをWindows10にアップグレードした。今まで動いていたアプリが全部そのまま動いている。無理やりインストールしたドライバ類も正常に動作しているので互換性は高いと思う。一筋縄ではいかないだろうと覚悟していたので拍子抜け。

一部、役割の重複するアプリがインストールされてしまったのを整理するため(メールとかブラウザとか)、「設定」の「アプリと機能」を開いたら下のほうに「利用不可」と表示されたものがいくつかある。てっきりWindows10では利用できないのだと思い、アンインストールしたら、あちこちで不具合が発生。ちゃんと動いていたものをわざわざダメにしてしまった。

win10app

同じ失敗をする人がいるといけないからはっきりさせておこう。提供元の表示が「利用不可」となっているのは提供元を読み取れないという意味。容量の表示が「利用不可」となっているのは容量を読み取れないという意味。提供元や容量を読み取れなくても動作には支障がない。それはそれとして「利用不可」って言い方はどうかと思うよな。

広告
カテゴリー: 世間話 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中