5VのXC9572を探す

ボクの電子工作におけるいつものパターンは、自分にはちょっと無理じゃないかというような目標に向かって突き進み、ついに成し遂げるかという一歩手前で怖気づくこと。第三者から見たらかなりイライラすると思うが、ボクとしてはいつかまた情熱が沸き上がったら完成するだろうと楽観している。このたびZ80のDRAMインタフェースをCPLDで作ろうと考え、いつだったか書き込み装置までは完成させたことを思い出した。

下の写真はザイリンクスXC9572の書き込み装置。タクトスイッチとLEDが付いていて簡単な動作確認ができる。ハードウェア記述言語の勉強が間に合わなくて回路図入力で動作確認した。そこで中断しているからハードウェア記述言語はいまだに理解していない。

XC9572P

別窓で回路図(PDF)を開く

これを作りっぱなしにしてあとふたつアルテラEPM7032SLC44とザイリンクスXC95108の書き込み装置を完成。思い返せばOLIMEXに注文したプリント基板が格安のわりにうまく仕上がったことに気をよくしてCPLDよりプリント基板の製作に関心が移ってしまったのだった。何はともあれ、これだけの書き込み装置がそろっていればCPLDについてはやりたい放題、かと思ったらそうもいかなくなっている。時間は残酷だね。これらはパソコンとパラレルポートで接続するようになっていて、パラレルポートのあるパソコンは明日にでも廃棄するつもりだった1台しか残っていない。廃棄しなくてよかった。

EPM7064P XC95108P

ホッとしたのもつかのま、5Vで動作するCPLDがもはや入手が困難。うちの在庫は書き込み装置に挿さっている各1個のみ。アテにしていた千石電商はもう3.3Vの製品しか取り扱っていない。またもや部品探しに奔走しなければならない。

広告
カテゴリー: PLD パーマリンク

5VのXC9572を探す への3件のフィードバック

  1. koba より:

    はじめまして。
    いつも楽しく拝見しています。

    部品箱を探したらPLD3種ともありました。
    よろしければ各3ケ程差し上げます。
    住所を教えてください。
    (古いチップを探し出す楽しみを奪ってしまうかな?)

    • vintagechips より:

      kobaさん。今朝、ポストにごっそりICが届いていました。もしかしたら永遠に手に入らなかったかもしれないICを目の前にして少し興奮しています。差出人の住所が途中までしか書いてないので、ここでお礼を述べることしかできません。どうもありがとうございました。これからVerilogを勉強して、いつかそれなりの製作物を投稿します。

      • koba より:

        無事に届いて安心しました。
        ぜひ有効活用してあげてください。
        もし壊してしまって無くなったら、遠慮なく連絡ください。
        まだありますので、また送ります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中