8749をまとめ買い

世界有数の電気街、秋葉原といえどもさすがに少なくなったジャンク屋のひとつが日米商事。最近は半導体の入荷が減ってなかなか掘り出し物に巡り合えない。店主も弱気になり「雨の日は休み」なんて張り紙を出している。率直なところいつなくなってもおかしくない感じなので、今一度、ガサ入れしておくことにした。

店の奥には西川のりおを怖くしたような顔の店主が座っていて一般人が近づけない。掘り出し物が残っているとすればそのあたり。ボクだって近付きたくはないが、もし何かたいへんな目にあったとしても、それはそれでネタになるじゃないか、と考えるより仕方がない。決死の覚悟で突入すると、案の定、たいへんな目にはあわなくて掘り出し物を発見。

uPD8749H_junk

uPD8749を数個(いくつあるか外からだとわからない)、アルミ箔で包んだやつが525円。セロハンテープが黄ばんじゃってるし、消費税が5%のまま。一般人だと「動かないんじゃないか?」と疑いリスクを差し引いて価格を評価するだろうが、ボクは動くと見た。判断の根拠は教えない。その能力を身につけるのに結構な元手が掛かっているのだから。

中身を下に示す。uPD8749Hが5個で、製作過程の8749ライタで動作確認したところすべて良品。uPD8749Hの相場はリサイクル品でも1個1000円、5個で5000円はするものが525円で買えた。これがジャンク屋めぐりの醍醐味だ。日米商事にはいつまでも営業してほしいが、都心の一等地で525円の商品を売るのはいろいろ大変なことがあると思う。店主に応援の声を掛けたかったが、無責任なことはいえないし、顔が怖いからやめておいた。

uPD8749H_junk_view

問題は製作過程の8749ライタがうまく動かないこと。8749のほうはデータシートに書かれているテストの方法にしたがいALEからクロック÷15の周波数が出ていることを確認したが、読み出しがうまくいかない。したがってまだ書き込みを試みる段階にない。とはいえ8749が手持ちと合わせて7個になったから、失敗を恐れず、開発に邁進しようと思う。

広告
カテゴリー: 8749, 世間話 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中