8080が動いた

ここ数日の出来事をまとめておく。ほとんど寝られなかったのでどれがいつのことだか判然としない。8080まわりのオリジナルの回路図(8080ボードが完成を参照)を丁寧に点検してA3とA4の端子名が入れ違っていることを発見。配線を修正。さらに、配置図(公開していない)を点検したら#MEMRと#MEMWも入れ違っている。こちらは周辺回路のほうの配線を修正。テスタもソフトウェアの修正で対応した。

正しく書き直した回路図を下に示す。手短にいうと、8080と周辺回路はそれぞれ単体で正しく動作しているものの組み合わせて動かす接続に問題があった。そのせいで各部の電圧と周波数が正常なのに端末が何も表示しないという超常現象が起きた。うまく動かない理由のひとつが判明し、対策もとった。しかし間違いがそれだけかどうかはわからない。

sbc80_cpu_sch_a
回路図のPDFを別窓で開く

動作確認用のプログラムkstart.asmを書いて走らせた。このプログラムは端末に「ABC」を出力したあと割り込みでキー入力を受け付けてそのままエコーバックする。すなわち8080と周辺回路にできることを全部やる。ハードウェアにいきなり完璧を要求するのは厚かましすぎただろうか。電源を入れると、ほら、やっぱり何も表示しない。コーヒーでも淹れて仕切り直そうかと思った瞬間、端末が「ABC」を表示した。昇圧型12V電源の立ち上がりが悪そうだと推測して念のためリセット期間を長くとっておいたのだった。確か0.8秒だったと思うが、心臓に負担を掛ける。つい感動する機会を逸してしまった。

SBC80CPU_test1

あらためて8080ボードの外観を掲載する。配線を修正しているが、それは裏側のことだから、表沙汰になっていない。これで8080と周辺回路が完成し、目下最大の目標が達成された。あともうひとつ、2716を積んだ周辺回路を作り、ギリギリ2KバイトのROMでパロアルトタイニーBASICを動かしてみたい。8080については、それで一区切りつけようと思う。

SBC80_CPU

目下最大の目標が達成されて、いや本当はここ数日ほとんど寝られなかったせいで、今はちょっと放心状態。少し寝て気力を取り戻そう。8080が動いたとしても、まだ6800とZ80とZ8と8749と6809と、ことによっては6503を動かさなければならないのだから。

広告
カテゴリー: 8080 パーマリンク

8080が動いた への4件のフィードバック

  1. kousoz より:

    ただ一言申し上げたい。
    おめでとうございます。

  2. vintagechips より:

    kousozさん、どうもありがとうございます。ついにやりましたよ。8080がまだモノになるかどうかわからない段階からずっとボクの右往左往を見守ってくださいまして本当に感謝しています。

    kousozさんのリレーコンピュータも着実に前進していますね。この先の困難がどれほどのものか、ボクの知識では具体的に想像できませんので、ありていに頑張ってほしいとはいいませんが、うまくいけばいいなと思っています。

    • kousoz より:

      有難うございます、おかげさまでリレーコンピュータも完成しました。
      ご声援ありがとうございました。

      • vintagechips より:

        kousozさん、おめでとうございます。動画見ました。凄いです。リレーの音が時を刻みながらHELOが表示される様子に感動しております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中