日米商事がやる気を出した

日本で最後のジャンク店、日米商事がやる気を出した。朝からの雨がようやく上がった午後1時、ついこの間まで「雨の日は休み」なんていうどうしようもない張り紙があったのが、それはもうなくて元気に営業中。2008年5月14日の投稿と何ら変わらぬ情景を見せてくれた。すなわち「店構えから店主の面構えまで絵に描いたようなジャンク店」である。

nichibai_shop

このところパッとしなかった半導体もチラホラと入荷している。この日の掘り出し物は4416が2個で108円。ずっと探していた16K×4ビットのDRAMだ。普通の×1ビットのDRAMだと8個を並べなければ8ビットのバスにつながらないが、これなら2個でいける。それをわかっていて2個組で販売するところは店主もまだボケていない。しかし108円は安すぎる。歴史的価値を読み誤っている。どうせ時代遅れの製品なのだから安くしておけ、という考えかただとジャンク店は成り立たないぞ。

nichibai_4416_t  nichibai_4416_p

嬉しかったのは「雨の日は休み」の張り紙に代わってぶら下がっていたチラシ。仕入れに積極的な姿勢がうかがえて、これからも頑張るという意思表示だね。最初は閉店のお知らせかと思ったよ。2016年5月14日の投稿でいつなくなってもおかしくないといったが、またやる気を見せてくれた以上、ボクは全力で応援するぞ。

nichibei_fly

ジャンク店というのは、欲しいものがあって行くところではない。行ったとき、欲しいものがあったら買うのである。だからボクたちは、最低限、欲しいものリストを頭に入れておかなければならない。理想をいえば、ありとあらゆる型番を記憶しておいて、必要なものの相当品であっても買い逃さないようにするべきである。ボクはもう数字の並びを見て回路図が思い浮かぶ境地に達している。もし日米商事がお店をたたんでしまったら、この能力は無用の長物となる。

広告
カテゴリー: DRAM, 世間話 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中