若松通商に8228があるぞ!

8080は電源が3つもいるから面倒くさいという話になっているが、そんなことはロジックの面倒くささにくらべたら大した問題ではない。そのロジックを整えるのが8080の半年後に発売されたクロックジェネレータ8224とシステムコントローラ8228/8238。これらはセットでひとつの普通に面倒くさいCPUを構成する。

このうち8228/8238は、ぼくがいったんは絶滅したと断言した飛び切りの希少品種。その後、ときどき目撃情報が寄せられるのだが確認すると売り切れている。そこで若松通商の通販でuPD8080AFCを注文するとき「当店へのメッセージ」に8228も取り扱ってほしいと書いておいた。つい先日、通販リストにuPB8228Cが追加されているのを発見。限定販売(納期10日)という怪しい条件付きながら、注文してみると確かに10日たって到着した。

upd8228_8224

このブログや『インテル8080伝説』で動かしたコンピュータはCPUがuPD8080AでシステムコントローラがuPB8238C。それを入手したばかりのuPD8080AFCとuPB8228Cに挿し替えて動作確認。タイニーBASICとMUSIC OF A SORTがどちらも正常に動作した。

SBC8080new

これで再現性が復活。uPB8228Cがいつまであるかはわからないが、若松通商のことだから、売れるとわかれば再入荷するだろうと期待している。いやもうこのところすっかり若松通商の販促担当のようになっていて誠に申し訳ない。

広告
カテゴリー: 8080 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中