USB-シリアル変換の怪奇現象

6800につないだ端末がウンともスンともいわない件、丸3日、デバッグに取り組んで原因がわからない。調子を掴むために別件で作ってあった6803のコンピュータを動かしてみる。6803はシリアルを内蔵しているから端末まわりの設計ミスがあり得ない。はずなのにやっぱり動かないぞ。ポートにつないだLEDはちゃんと点滅する。端末をつなぐと、あれ? LEDが点灯しっぱなし。ピンときてUSB-シリアル変換をTTL-232R-5VからAE-UM232Rに変更したら動いたよ。

SBC6803_TEST

USB-シリアル変換ではときどきこういうことがある。TTL-232R-5Vは8080のコンピュータだと正常動作するのにモトローラはダメ。つないであると電源を切ってもLEDが点灯しっぱなしになる怪奇現象が起きる。どうやらTXDとRXDから電源が供給されるらしい。インテルで大丈夫なのが不思議。その昔、FT232BMとPIC16F88の組み合わせでも同じ経験をした。まあそれはともかく、これで6800のコンピュータに完成のメドがたった。

広告
カテゴリー: 6800 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中