DRAMの動きかたがヘン

6800を動かす過程で助太刀を頼んだ6803のコンピュータは、本来、DRAMボードをテストするために作ってあったもの。そのDRAMボードが完成。41464を2個動かすのにTTLを8個も使っている。容量は64Kバイトだけれど諸般の事情で$2000~$7FFFの24Kバイトだけが有効。6803のコンピュータにつないでとりあえず$2000の読み書きに成功。設計に苦労したとても複雑な回路に何の間違いもないなんて、何かの間違いに決まっている。

SBC6803_DRAM_review
回路図のPDFを別窓で開く

DRAMのテストプログラムを書いて走らせた。全ビットを反転してみて、もし反転しなかったら、アドレス、現状の値、正しい値を並べて表示する。ほらほら、すごい勢いで反転しなかったところが表示される。でもこれちょっとヘン。現状の値と正しい値が同じなのに表示されているところがある。怪奇現象の再来か、それともプログラムのバグか。

SBC6803_DRAM_error

というわけで、またまた混乱中。幸か不幸か思い当たるところは山ほどある。さしあたりテストプログラムのテストから始めよう。

広告
カテゴリー: 6800, DRAM パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中