DRAMが、一応、動いた

DRAMの動きかたがおかしい件、同じ41464を使ったCOMMODOR64の回路図を参考にして、#OEを常時有効とし、#WE(こちらが優先)だけで制御する方式に変更。DRAMボードはもはや修正不可能ないほどツギハギだらけなので、別のプリント基板で作り直す。10枚まで同じ値段というシステムは、この種の試行錯誤に向いている。ただし、ICソケットとか積層セラミックコンデンサとか、安いけれど湯水のように使う部品が懐に響く。

DRAM_ok1

結果はぜんぜん変化なし。手弁当の開発は資金が枯渇しかけている。あとひとつ6803の速度を半分に落として動かしてみて、ダメだったら諦めることにした。現在、6803には4.9152MHzの水晶が付いている。それを2.4576MHzに取り換える。この簡単な話が意外な大仕事になった。今どきそんな低い周波数は需要がないらしく、著しく入手が困難。千石電商とサンエレクトロと日米商事は売り場にケースがあるのに中身がカラ。ケースがない若松通商で店員さんに尋ねて、ようやく入手することができた。

DRAM_ok2

速度を半分に落としたから通信速度も9600bpsから4800bpsに半減。端末をつないで電源を入れると、あ、テストプログラムが完走し、ようやくOKの2文字を見ることができた。テストプログラムはこのあとスタックをDRAMに設定して割り込みで文字の入出力を繰り返す。すべて正常。何もかもうまくいったとき人間の発する言葉は「あ」だけなんだね。

DRAMtest_ok

タイミングをうまく調整すればたぶん普通の速度で動くと思う。はじめからタイミングだけの問題だったかもしれないので、これまでに試したいろいろな回路を遡って見直したい。やりたいことはたくさんあってカネがない。資産家の令嬢と交際したい。

広告
カテゴリー: 6800, DRAM パーマリンク

DRAMが、一応、動いた への2件のフィードバック

  1. kousoz より:

    おめでとうございます、お疲れ様でした。
    それと、あまりお役に立てなくてすみませんでした。
    それでは、今後も良いことがありますように。

    • vintagechips より:

      kousozさんが#WEのタイミングを質問してくれたおかげで制御のしかたを見直すことになり一応の成功に至りました。まだどうして動くのかよくわかっていないんですけど、まあ、あとは力仕事でどうにかなりそうです。これからも温かく見守ってください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中