SBC6800暫定版お披露目

6800が動く世界最小のシングルボードコンピュータSBC6800はもうとっくに完成しているが、プリント基板にちょこちょこ改良したいところが見付かって公開が先延ばしになっている。このままだと永遠に公開できないので、完成している証拠として、とりあえず現状のデータ一式を公開する。これで今すぐ下に示すコンピュータが出来上がる。でも、もう少し待ってくれたらもっといいデータをドキュメント付きで公開できると思う。

SBC6800rev3

関心がある人はデータ一式をこちらのOneDriveからダウンロードしていただきたい。SBC6800R3.zipはスイッチサイエンスに直接アップロードできるガーバーデータ。mc6800crgen.X.zipはPIC12F1822をクロックジェネレータにするプロジェクト。同じくosc1536.X.zipはボーレートジェネレータのプロジェクト。いま取り組んでいる改良はROMを2716から27256までどれでも取り付けられるようにすること。もし2764だけでいいなら現状でまったく問題がない。

広告
カテゴリー: 6800 パーマリンク

SBC6800暫定版お披露目 への13件のフィードバック

  1. DAI より:

    こんにちは。
    進んでますね。
    さて、当方ではガーバーデータを見て確認ができないのでお願いです。
    通常、27256の場合、1番ピンはVccに接続します。このままでも良いのですが、できれば、1番ピンをVccから切り離してGNDにつなぐことができるようになればと思います。
    理由は、EEPROMのW27C512を有効に使いたいからです。
    いえ、そのままでもW27C512の上位アドレスに書き込めば27256代わりになるので、問題は無いんですが。
    W27C512の1番ピンはA15なのです。
    256のEEPROMは27256とは1ピンと27ピンが違うので差し替えは難しいですね。

    • vintagechips より:

      現状、1、27、28番ピンがVccにつながっています。もとの設計が2764のみを想定していて26番ピンは正直にNCだったのですが、次の版ではこれもVccにつなぐ予定です。その結果、おっしゃる通り27128~27512は上位8Kバイトが有効となります。6800は「最上位バイトからリセットベクタを取得する」ため、上位8Kバイトを有効としたほうが直感に近いと判断しました。次のコメントの返信へ続く。

  2. DAI より:

    あれ!D28C64が刺さってる。

    • vintagechips より:

      ソフトウェアの開発がえらいことになっていて消去の時間がバカにならないのでUVEPROMとピン互換のEEPROMを使っています。調べてみたら2864はもう入手困難で、2816と58256がまだ入手可能なため、これらが使えるように前述の改訂を試みているところです。上位8Kバイトを有効にする方針だと、たぶん58256も大丈夫です。DAIさんがいろいろと突っ込んでくれるおかげで水面下の苦労話を披露する機会に恵まれます。よろしければこれからもお気付きの点を何でもいってみてください。

  3. DAI より:

    突っ込みと言うより、ぼけてました。
    そうですよね、68系はリセットベクタの関係からROMを最上位に配置するんでしたよね。
    知っていながら、いじり倒していない証拠です。
    ただのチャチャで良ければよろしくお願いします。
    これを読んだ誰か一人でも、「そうかー」と思ってもらえたかしら。

    • vintagechips より:

      6800が何でもかんでも8080の逆をやったという事実のひとつですね。調べてみるとモトローラのトム・ベネットはとんだひねくれものだったようです。引き続きチャチャが入るのを楽しみにしています。

  4. DAI より:

    すみません、kiCadのガーバービューアーが使えました。
    それから、58256はHN58C256のことですよね。これ、TL866ではサポートされてなかったはずです。
    ATMELのAT28C256は見つかりませんか。
    それもと、EEPROMの書き込みにも挑戦されるとか。

    • vintagechips より:

      うちのROMライターがTL866だって、よく覚えていてくれましたね。58256と略記したのは確かに日立製作所のHN58C256です。これはTL866のデバイスリストにありませんが、NECのuPD28C256を指定すると書き込めます。もしかしてボク、完璧な仕事っぷり?

  5. DAI より:

    お見事!

  6. Neon/himorogi より:

    「インテル8080伝説」読んでたら、また昔みたいに 6800 で自作(昔のは RAM 掲載の MB8871 版)したくなったけど、クロックドライブが面倒(確かΦ1、Φ2は5Vフルスイング?)なんでワンチップMCUでΦ1、Φ2ドライブついでにシリアルポートも任せようかと思ってました。
    やはり今作るならそうなりますね。
    ただ、手元には、HD6801(マスクROMに何が書かれているか不明なので 6803 の代わりに)もあるから、それでお茶濁すかも。

    • vintagechips より:

      Neon/himorogiさん、こんにちは。マイコンはクロックジェネレータくらいにとどめておくのがいいと思います。シリアルとかまでやると6800がいらない感じになってしまいます。ちなみに、お茶を濁したわけじゃないけどボクも6803を動かしました。これを6801に差し替えたところ、ちゃんと動きました。

      • Neon/himorogi より:

        「シリアルとかまでやると6800がいらない感じ」まぁそうなんですけどね。
        ただシリアルというよりも、EPROMの代わりにSRAMオンリーにして、ROMライターではなくプログラムローダみたいな感じで。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中