SBC6800等実物展示

2017年12月15日よりしばらくの間、秋葉原の書泉ブックタワーSBC6800SBC6809などの実物が展示されます。首都圏にお住まいでルーズキットのご購入を検討されている方は、ぜひ実物を見て参考にしてください。結果として日の目を見なかったDRAMボードの残骸とかも展示されるようです。何だかちょっと恥ずかしい。

ああそうだ、これは書籍『モトローラ6800伝説』の発売記念キャンペーンなのでした。

DQ6_t1tU8AEOPT0

書籍のほうも実物を手に取って、よろしければご購入ご検討ください。こちらがボクの本業です。ルーズキットは制作チームのスピンオフ商品で、たとえばカバーデザイナがプリント基板の部品配置とパターンの引き回しをデザインしました。

カテゴリー: 6800, 世間話 パーマリンク

SBC6800等実物展示 への2件のフィードバック

  1. cafe2.54 より:

    こんばんわ、
    6800伝説、書泉ブックタワー(会社近く)で購入しました!
    毎日、通勤電車の中でニヤニヤしながら読んでます。。
    基板の方は年明けにでも改めてぽちっとしたいと思います。

    • vintagechips より:

      cafe2.54さん、毎度どうも。本にしろ基板にしろ新しい商品を出したあと1か月くらいは胃が痛いです。売れなきゃ関係者に迷惑をかけるし、基板みたいに品切れが続くと叱られるし。今すごく凹んでいたので、ほんわかしたコメントをいただいて少し立ち直りました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中