SBC6303をまたもや修正

SBC6303はリビジョン7のプリント基板に少し修正を加えて完成を宣言、リビジョン8のプリント基板を注文したが、それが届く前にまた修正を思い付いてしまった。リセットが掛かっている間、アドレスラッチの出力が無効(ハイインピーダンス)となるように変更。ラッチしないアドレスとデータは、もともとリセットが掛かっている間は無効。だから、結論をいうとこれでROMのかわりに外部のRAMへプログラムを書き込んで動かせる。

sbc6303v3
別窓でPDFの回路図を開く

簡単に動くはずの6803は、実際、簡単に動いたが、引き続き美しく動かすための修正を繰り返してプリント基板がとうとうリビジョン9に達した。もしかしたらまた修正するかもしれないから、このプリント基板は少し時間を置いて注文する。過去のプリント基板の写真をつないだら面白いアニメーションが出来上がると思う。こうなるともう6803が奥深いというよりボクの知識が浅いんだろうな。

カテゴリー: 6800 パーマリンク

SBC6303をまたもや修正 への5件のフィードバック

  1. atsu より:

    野暮な質問なのかもしれませんが、8080/8085のSBCは制作されないのでしょうか。
    6800/6809のSBCについては、ズブの素人なりに四苦八苦しつつ、制作を楽しんでおります。

    • vintagechips より:

      atsuさん、こんにちは。SBC8080のCPUボードとメモリ・I/Oボードは『インテル8080伝説』に掲載した設計データでプリント基板をおこしたらするっと動いてしまいました。メモリ・I/Oボードを別にしたのでシングルボードではありませんが(シンプルボードです)、この先8085や8088もCPUボードだけ作ってすぐ動かせそうです。

      商品化するには引き続き部品を減らしたり配置を整えたりしなければなりません。何より書籍の一部を技術資料などに転載する手続きがすごく厄介です。当面はもう話が付いているSBC6303に注力し、SBC8080はそのあと考えます。だから、この件はみんなに内緒だぞ。

      • atsu より:

        何かとご多忙な中、ご回答ありがとうございました。
        忖度し無用な口外はせず、期待の念を胸の内に秘めておくことにします。

        うっかり基盤発注してしまった、4chipZ80の配送連絡を震えつつ待ちながら・・・
        https://github.com/WestfW/4chipZ80
        一ヶ月くらい何の音沙汰もないんですが、大抵はそんな感じなんでしょうか。
        審査には通っているのかしら?

  2. cafe2.54 より:

    。。。私は見た!!。。。あ、誰にも言いませんから!。。うぐっ!

    私からもSBC6303優先でお願いします!(笑)
    。。でも、ハードウェア好きとしては配線の引き回しを考える時が一番至福なんですよ~!
    8080、今やってますが、周辺回路の引き回しの複雑さと面倒くささが最高に萌えます!!

    • vintagechips より:

      (催眠術の口調で)あなたは何も見なかった。あなたはここへ来なかった。はい目を開けてー。
      cafe2.54さんのは手作り感光基板だからたいへんだよね。普通に動かすだけで大仕事なのにもうひとつ芸を見せてやろうなんて無謀だよね。けど、完成したらヒーローだな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中