SBCZ8が完成

ザイログZ8でBASICが動くシングルボードコンピュータSBCZ8が完成しました。これまで2度の試作に失敗し、今回も最初の回路図にいろいろと問題があったのですが、たくさんの人がこのブログやツイッターで助言を寄せてくださり、どうにか修正することができました。深く感謝します。SBCZ8のプリント基板はオレンジピコで頒布します。

SBCZ8_g_top

SBCZ8はZ8681(元祖Z8)とZ86C9116(高速・CMOS・レジスタ増量版Z8)で正常に動作することを確認しました。シリアル端子とパラレル端子を備え、BASICで制御することができます。回路図、部品表など技術的な内容はSBCZ8技術資料をご覧ください。BASICと応用プログラム例はSBCZ8データパックにまとめてあります。

SBCZ8技術資料(pdf)
SBCZ8データパック(zip)
・Z8のデータシート(pdf)-Z8 Famry Design Handbook
・BASICの文法(pdf)-BASIC/DEBUG Reference Manual

BASICはシリアル端末に接続したパソコンの端末ソフトで操作します。主要なレジスタとRAMの全域を操作できるのでZ8の機能をすべて引き出すことができます。下のプログラムはパラレル端子のPORT2を動かしていわゆるLチカをやるものです。

100 REM BLINK LED
110 @246=0 :REM SET P2 AS OUTPUT
120 @2=0   :REM OUT L
130 GOSUB 200
140 @2=255 :REM OUT H
150 GOSUB 200
160 GOTO 120
200 REM DELAY SUBROUTIN
210 I=0
220 I=I+1
230 IF I<20 GOTO 220
240 RETURN

実行結果を下に示します。標準Z8の場合、PORT2に接続したLEDが約1秒ごとに点滅します。なお、PORT2は自由に使うことができますが、PORT0はアドレスバス兼用、PORT3はシリアル端子兼用ですから、慎重に操作してください。

sbcz8_blink

ザイログのCPUはZ80が有名すぎてZ8がいくぶん過小評価されているように感じます。Z8は、Z80とよく似た命令体系を持ち、捉えようによってはARMより凄い124本の汎用レジスタを備えた近代的な設計です。これを機会にZ8の魅力に触れていただければ嬉しいことです。

カテゴリー: Z8 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中