SBCZ8002_reference

ザイログのZ8002を採用したコンピュータSBCZ8002が完成し、プリント基板の頒布をピコショップ(新店舗)にお願いした。SBCZ8002は簡易モニタを備え、単体でメモリの読み書き、HEXファイルのロード、サブルーチンの呼び出しができる。一方、製作には28C16とPIC12F1822とGAL16V8の書き込みが必要で、ごめんね、誰にでも簡単とは言い難い。

SBCZ8002_top

●製作と運用に必要なファイル
部品表-sbcz8002_partslist.pdf
回路図-sbcz8002_sch.pdf
データパック-sbcz8002_datapack.zip

●SBCZ8002の製作

1.部品表にしたがって部品を揃える。

2.データパックのファームウェア等を書き込む。
IC1のGAL16V8にSBCZ8002.jedを書き込む
IC3の28C16にmonz8k_odd.binを書き込む
IC7の28C16にmonz8k_even.binを書き込む
IC10のPIC12F1822にz8002crgen.hexを書き込む
※TL866II Plusがすべてに対応しているという情報をいただきました。

3.部品番号で照合し、プリント基板の所定の位置に取り付ける。

●SBCZ8002の運用

1.部品表にしたがって運用に必要な製品を揃える。

2.セットアップする。
ピンヘッダにUSB-シリアル変換ケーブルを挿し、パソコンと接続
パソコンで端末ソフトを起動(9600bps、8ビット、1ストップビット、パリティなし)
DCジャックにACアダプタを接続
電源スイッチを入れる

3.簡易モニタで遊ぶ。
簡易モニタの使いかたはこちらの投稿を参照

●独自のアプリの開発
SBCZ8002のアプリおよび簡易モニタのアプリはgcc(2.9だけど)で開発できる。
開発環境を構築する方法はこちらの投稿を参照
開発の手順と実例はこちらの投稿を参照

SBCZ8002は世界でいちばん貧弱なZ8002マシンを目指しており、メモリが小さいし、インタフェースがさびしい。それでは満足できない人がいると思うから、Z8002の両側にピンソケットを立てておいた。さあ、ドータボードでも作って好きなように拡張しやがれ。

カテゴリー: Z8000 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中