EMUZ80が完成

Z80とPIC18F47Q43で動く挑戦的なコンピュータEMUZ80が完成した。設計の目標は、できるだけ少数の安価な部品と簡素なソフトウェアで動かすこと。CPU以外のICが1個だけなので部品はもう減らない。Z80はジャンクが格安だしPIC18F47Q43も40ピンで最低の価格帯。ソフトウェアはあとでどうにかする、ってことで目標は完全に達成された。

納得のいく設計ができて試作機がうまく動いたらプリント基板を頒布してお祭り騒ぎをするのが恒例だ。その先に起きるかもしれない、ふたつの出来事に、いま期待を膨らませている。第1に、噂話でZ80を知っている人が実物を動かす面白さも知ってくれること。第2に、どこからか凄腕の週末プログラマが現れてソフトウェアを改善してくれること。

EMUZ80技術資料-emuz80_techdata.pdf(3.7Mバイト)
関連ファイル-https://github.com/vintagechips/emuz80
プリント基板頒布元-EMUZ80専用プリント基板
雑誌投稿(ボツ)記事PDF-EMUZ80の設計と製作(3.8Mバイト)

EMUZ80は虫のいい目標を達成するためにソフトウェアで多くの働きを実現している。そのソフトウェアは、ボクの力量不足で、速度に対する配慮がない。往年のCPUを現在のマイコンで動かす試みは界隈に素晴らしい先例が多数あり、精通した人も多いと思う。ボクのソフトウェアにあきれて、つい手本を示してくれちゃったりしたら嬉しい。

[2022/3/17追記]
入れ替え可能なソフトウェアが発表されましたら、順次、関連ファイルの配布元に追加いたします。emuz80_pic_~.hexは入れ替え可能なソフトウェアです。お好みでご利用いただくとともに、ソースをご覧になってアプローチの違いをお楽しみください。

カテゴリー: PIC, Z80 パーマリンク

EMUZ80が完成 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: EMUZ80をうごかしてみる(BASICとUniversal Monitor) | KUNINET BLOG

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中