新たな課題

TinyBASICの大筋が完成したので試験的にこのソースがほかのコンパイラを通るかどうかマイクロチップテクノロジーのMPLAB C30で試したところポインタのアドレスを渡す記述(たとえばshort getparam(unsigned char* &p))がはじかれてしまった。ポインタのアドレスを渡せないということになると中間コードポインタをグローバルにしなければならないが、コマンド実行用とステートメント実行用をどう区別するかなどいろいろな課題を解決する必要がある。一区切りついたかと思ったが、まだまだ長い道のりが続きそうだ。

広告
カテゴリー: TinyBASIC パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中