SBC6809ルーズキット

スイッチサイエンスさんのマーケットプレイスで「SBC6809ルーズキット」(550円+税)の販売を開始しましたのでお知らせします。商品ページはこちら、製作実例はこちらです。
[2018年2月5日追記]
この商品の補充予定や新製品の開発情報はツイッターでお知らせしております

SBC6809はモトローラMC6809を採用したシングルボードコンピュータです。MC6809は設計思想がエレガント、命令体系が美しいといわれますが、実物に触れた経験がある人はさほど多くないと思われます。SBC6809により、実物を動かしてみて、噂話の真相に迫ることができます。完成後の外観を下に示します。

SBC6809_top

ルーズキットは1970年代のアメリカでアマチュアどうしの交流から生まれた組み立てキットの一形態です。プリント基板、技術資料、データパックを提供する一方、本体の部品、ACアダプタ、USB-シリアル変換ケーブルはご自身で用意していただく必要があります。ですから、SBC6809ルーズキットは、実質、下に示すプリント基板が1枚だけです。

sbc6809_pcb

技術資料とデータパックは下に示すリンクからダウンロードしてください。技術資料では本体の部品の入手元も紹介しています。現時点で老舗の部品店に一定量の在庫があります。老舗の部品店で売れ切れてしまったとしても、注文の手続きが少々ややこしいのですが、国内で大量に在庫し、個人向けに1個から即日出荷可能な部品店があります。

SBC6809技術資料
SBC6809データパック

SBC6809ルーズキットは歴史マニアやビンテージICコレクタの皆さんにネットで自慢できるようなコンピュータを完成させてもらうことが目的です。一般の方だと、頑張れば乗り越えられる程度の難関があります。あらかじめ技術資料をお読みの上、うまく作れそうな場合にご利用いただければ幸いです。

[2017/12/24追記]
プリント基板はSeeedで製造しています。下に示すとおり、実用上の問題がない範囲で外形が荒れていたり、側面に目立たないメモ書きがあったりすることは、Seeedの品質検査で良品とされますので、そのまま出荷いたします。予めご理解、ご了承ください。

seeed_qrty

カテゴリー: 6809, 世間話 パーマリンク

SBC6809ルーズキット への2件のフィードバック

  1. TINY より:

    入荷通知受け取って10分もしないうちに在庫切れでした。
    次はいつになりますか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中